水滴と半導体

皮革製品はフッ素コーティングの防湿効果で品質と美観を維持できる

雨

皮革製のバッグやシューズをお洒落に使いこなすためには、その品質と美観を損ねないように、丁寧にお手入れをしながら使い続けることが必要不可欠です。皮革製品は、雨のような大粒の水分だけではなく、空中の水蒸気のような小さな水分によっても、容易にかびたり変色したりするリスクがつきものです。そのため、皮革製品の品質維持に要する手間を少しでも軽くするためには、フッ素コーティングによって防湿対策済の製品を選ぶ方が賢明でしょう。
フッ素コーティングされた製品は、もともとの性質はどうあれ、その表面で水分をはじく性質を帯びるようになります。皮革製品に関していえば、これは撥水効果と言われ、雨の日に外出したときなど、製品に水が多少かかっても濡れにくい特性として現れます。加えて、フッ素コーティングは、水蒸気の吸着をも防ぐ防湿性という効果もあるため、湿気の多い屋内でしばらく皮革製品を保管しておいても、生地が変色したりかび臭くなったりするのを防ぎます。
長期間使用しているうちに、フッ素コーティングによる撥水や防湿効果も徐々に薄れてくるため、同じ成分を含む防水スプレーなどで継続的にメンテナンスすると、ずっと皮革製品の品質と美観を維持できるでしょう。

屋外の建築現場の木材はフッ素コーティングで防水防湿対策を

ある程度の期間、屋外に置き続けたままにせざるを得ないものは、雨水による汚れや、湿気によってカビが入ったり、腐ったりするのを防ぐ対策を講じる必要があります。建築現場で使う木材もそうしたものの一つです。建物を建てるために使う木材は、汚れてしまうと建物の美観を損ねてしまいますし、湿気によって品質が劣化するのは、建物の安全性を考えると、大きな問題と言えるでしょう。これを防ぐのに効果的なのが、撥水効果と防湿効果を同時に発揮するフッ素コーティングによって木材をカバーすることです。フッ素コーティング加工を施すと、フッ素樹脂という成分が塗布されたものの表面で薄い膜を作り、水、油などをはじくようになります。このため、雨水をかぶっても、木の繊維中に水が染み込み濡れるのを防げますし、現場の人達が取るドリンク類などがこぼれて、汚れが染み付くのも防止できます。更に、よりサイズの小さい空中の水蒸気の吸着も、防湿効果によってブロックできるため、湿気による木材の傷みを抑えることが可能です。
フッ素コーティング加工なら、これ一つで防水対策と防湿対策を同時に取ることが出来るため、効率もよくコスト面でも好都合と言えるでしょう。

フッ素コーティングによる防湿効果メリットは様々な製品で見られる

非粘着性という、表面にものをくっつけなくなる性質がありますが、これは、フッ素コーティングによって付与される顕著な特性としてよく知られています。しかし、フッ素コーティング加工がもたらす様々な特性の中で、有用性の高さという基準で考えるなら、防湿性も、非粘着性に負けずとも劣らず大きなメリットがあると言えるでしょう。
例えば、フッ素コーティング加工して防湿性を付与された繊維で作った衣服や各種ウエア類は、空中の湿気を吸着しないため、通気性に優れた快適な製品になります。また、防湿性を備えた皮革製品は、その弱点である湿気による劣化を克服し、高い品質と美しい見栄えを長きにわたって維持することが可能になります。金属部品に対する防湿対策の効果は特に絶大で、錆び付きを効果的に抑制することで、金属部品を使った製品の品質と性能、耐久性向上に役立っています。金属が使われているのは、部品だけではなく様々な調理器具もありますが、これも防湿性のお陰で錆びでボロボロになることもなく、長く使い続けることが可能になりました。
このように、フッ素コーティングの防湿効果は、幅広い製品の耐久性や品質、ユーザビリティ向上に大きく役立っています。


保護コーティング剤「フロロサーフ」は『フロロテクノロジー』が開発した防湿を行うコーティング剤となっています!防湿だけでなく防水性も高く、非引火性という特徴を持っています!

フッ素コーティング加工に特徴的な防湿防水効果とそのメリット

基板

製品の表面に何らかの物質を使ってコーティング加工すると、ちょうどビニールなどの素材で出来たカバーシートで覆ったように、製品にキズや汚れが付くのを防ぐことができます。中でも、フッ素樹脂の膜で製品表面をカバーするフッ素コーティング加工は、撥水そして防湿といった効果を発揮することで、幅広い分野で使われる数多くの製品の品質維持や性能向上に役立っています。…

TOP