水滴と半導体

フッ素コーティング加工された衣服で梅雨時も快適に

スマートフォンとパソコン

フッ素コーティング加工は、主としてフライパンなどの調理器具のこびりつき防止に使われる加工法としてよく知られています。しかし、実際には、調理器具だけにとどまらず、それよりもはるかに広い範囲で利用されています。
その一つのいい例が、フッ素コーティングされた繊維を使った衣服です。特に、ジャケットやパンツ、スカートなどにフッ素コーティング加工が施されている場合、そうした衣服は撥水性という特性を発揮して、雨水やこぼした飲み物を表面ではじいてくれます。これによって、衣服が汚れにくくなるというメリットがありますが、それに加えて防湿性という性能も備わります。これは、空気中の水分を吸着させない性質で、この特性を備えることにより、衣服はいつもさらりと快適で着心地がいい状態に保たれます。これは、特に、梅雨時などの湿度が高い日が長く続く時期には重宝する特性です。
長雨続きの時にも、湿気で衣服を傷めたり、かび臭くなるのを防ぐためには、様々な方法で防湿対策を講じる必要がありますが、おすすめは、フッ素コーティングによって最初から防湿加工済の製品を買っておくことです。じっとりと湿度が高くなりがちなクローゼットに保存する場合も、防湿性を備えた服なら、湿気対策も少しは楽にできるはずです。

フッ素コーティング加工に特徴的な防湿防水効果とそのメリット

基板

製品の表面に何らかの物質を使ってコーティング加工すると、ちょうどビニールなどの素材で出来たカバーシートで覆ったように、製品にキズや汚れが付くのを防ぐことができます。中でも、フッ素樹脂の膜で製品表面をカバーするフッ素コーティング加工は、撥水そして防湿といった効果を発揮することで、幅広い分野で使われる数多くの製品の品質維持や性能向上に役立っています。…

TOP