水滴と半導体

湿気による電気機器の故障防止にフッ素コーティングを施そう!

水に濡れるスマートフォン

電気機器を修理するメーカーや修理業者にとって悩ましいのが、修理後に故障するという問題です。電気機器を一度分解するため、自社の過失がないものでも再度故障した場はクレームになってしまいます。もし、電気機器を設置している場所における特有の問題として、湿気が関係しているのであれば防湿効果のあるフッ素コーティングを施してみては如何でしょうか?
電気機器を修理する際、湿気による錆や酸化が見られた場合、フッ素コーティングを施すことで湿気による故障を低減できます。特に屋外で使用されている電気機器の場合、分解することで水の浸入防止効果が低下することがあり、フッ素コーティングによる防湿加工が有効になります。また、防湿加工を施すことで、修理した箇所以外が故障するリスクを軽減することができ、分解した結果、故障原因が別であったものの、依頼者に説明しても納得せずにトラブルになるといったことも防げます。フッ素コーティングは、スプレータイプだけでなく、希釈して使用できるものもあり、実際に修理を行う現場で手軽に加工を施せるものも多数あります。希釈して使用するタイプのフッ素コーティング剤なら少量の資材持ち込みで済み、修理業務の効率化を行うこともできます。先ずは、客先特有の故障原因として湿気が疑われる場合は、フッ素コーティングを検討してみましょう。

フッ素コーティング加工に特徴的な防湿防水効果とそのメリット

基板

製品の表面に何らかの物質を使ってコーティング加工すると、ちょうどビニールなどの素材で出来たカバーシートで覆ったように、製品にキズや汚れが付くのを防ぐことができます。中でも、フッ素樹脂の膜で製品表面をカバーするフッ素コーティング加工は、撥水そして防湿といった効果を発揮することで、幅広い分野で使われる数多くの製品の品質維持や性能向上に役立っています。…

TOP